トップページ > 舗装・切削工事事業 > 舗装工事・切削工事

舗装工事・切削工事

骨材事業の関連事業として、舗装・切削工事業も行っております。アスファルト合材工場で作ったアスファルト合材を使用したアスファルト舗装工事と、道路の表層を削りとる路面切削工事を主に施工しております。

アスファルト舗装工事

アスファルト舗装工事は、下水道工事・上水道工事などに伴う道路舗装の復旧工事・本復旧工事をはじめ、いろいろな舗装工事を施工しています。


アスファルト合材敷均作業 アスファルト合材敷均作業

アスファルト合材をフィニッシャーで施工している状況。アスファルトを舗装面に均一になるように敷き詰めていきます。




 

転圧作業 転圧作業
 

敷き詰めたアスファルト面をローラーで表面が滑らかになるように、圧力をかけながら転圧していきます。






路面切削工事

路面切削とは、既設のアスファルトを道路から削り取り、きれいに表面を均す工事です。既存道路の舗装工事では、ほとんどの場合に工事前に行われる作業です。


路面切削作業 路面切削作業

SAKAI製 路面切削機を使用して路面表層のアスファルトを削りとっています。





 

切削面清掃作業 切削面清掃作業
 

路面切削機で削りとった跡をスイーパーの鋼線のブラシで清掃。







早期交通開放型コンクリート舗装 (1 DAY PAVE)

生コン出荷から打設までの時間を極力縮める事により、高品質なコンクリート舗装(1 DAY PAVE)が実現できます。24時間経過後の曲げ強度も4.5N/mm2をクリアしています。


コンクリ−ト運搬・搬入状況 コンクリ−ト運搬・搬入状況

コンクリートをアジテータ車からコンクリートホッパに投入後、クレ−ンで吊上げて施工個所に運搬。





 

コンクリ−ト敷均し作業 コンクリ−ト敷均し作業
 

平坦性確保のためコンクリ−ト簡易フィニッシャ−で敷均し締固めは高周波バイブレータ、端部はコテ仕上げを行いコンクリ−ト面はほうき仕上げとした。目地間隔は5mで打設、翌日にカッター目地作業を行った。



主な施工実績

  • 平成25年度23号伊勢地区電線共同溝工事
  • 内径250粍配水管布設工事
  • 一般国道167号舗装修繕工事
  • 主要地方道鳥羽松阪線(伊勢二見鳥羽ライン)舗装整備工事
  • 主要地方道大台ヶ原線外2線公共土木施設維持管理(舗装整備)工事
  • 国道23号線伊勢地区舗装修繕工事
  • 国道42号線松阪多気BP上川地区道路工事
  • 松阪環状線地方特定道路整備(舗装)工事
  • 大黒田町舗装修繕工事
施工実績

主要工事機械

アスファルトフィニッシャー 2.4〜6.0m 2台
アスファルトフィニッシャー 2.0〜3.1m 1台
アスファルトフィニッシャー 2.0〜4.5m 1台
アスファルトフィニッシャー 1.4〜3.2m 1台
マカダムローラー 10〜12t 1台
タイヤローラー 8〜12t 3台
タイヤローラー 3t 2台
振動ローラー コンバインド式 4t 4台
バックホウ 0.1m3 5台
路面切削機 2.0m 2台
スイーパー   2台
散水車 4t 2台

ISO9001(品質マネジメントシステム)

登録番号:MSA-QS-3584
認証範囲:舗装工事の施工
(本社営業部、工事部、北勢営業所、津営業所、伊勢営業所、志摩営業所)